スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象印マホービンNP-HZ10

象印のNP-HZ10は圧力炊飯器の中では、オススメ度合いの高い商品です。

象印のNP-HZ10をメリット・デメリットで見てみると、メリットとしては液晶パネルの見易さを評価します。視認性、操作性ともに多くの方が評価しているのを見ても間違いないでしょう。ある口コミサイトでは一番人気でした。

デメリットは所謂高度な機能→熟成炊き等のメニューが無い点でしょうか。圧力炊飯で強めの味が高い評価なので、味自体は良いのですが・・・

NP-HZ10は魔法瓶のような真空層なので蓄熱効果も高く、実際の販売価格18000円前後の他のブランドと比べても選んで後悔しない炊飯器だといえますね。

>>象印NP-HZ10の詳細はコチラ


パナソニック SR-HA102

パナソニックSRHA102-Sはやはりパナソニックと言える機能とコストパフォーマンスを実現していると評価できますね。

とりあえず3万円以下での購入が可能ですし(最近は2万円程度でも楽天市場で購入可能)美味しく炊けるというテーマでは他のメーカーの炊飯器より上ではないか?という感想ですし、他のサイトの評価を見ても同様ですね。
<クリックで拡大>

後個人的に好みなのが、液晶パネルがオレンジで見易い事、ボタン配置が判り易いという使い勝手の面でも優秀です。

優等生のパナソニックの主力ですから当然と言えば当然ですが、そつがなく機能もシンプル、他のメーカーと比べて劣る面もないです。今購入するならパナソニックSRHA102-Sは候補の一つに入れるべき炊飯器であるのは間違いないでしょう。

とりあえずパナソニック炊飯器SRHA102-Sの価格ランキング一覧を紹介しておきますので参考にしてみて下さい。


>>パナソニックSRHA102の激安ランクをチェック



三菱蒸気レス炊飯器

炊飯器と一言で言っても炊飯器の種類は多く、レシピによっても購入すべき炊飯器は異なります。そんな中で炊飯器の比較を行い、間違いのない炊飯器を選べるよう参考資料を紹介します。

人気の炊飯器と言えばタイガーやパナソニックの炊飯器を頭に浮かべる方も多いですが、三菱の炊飯器にもオススメ商品があります。水冷式蒸気回収システムを採用するNJ-XS10Jが該当します。蒸気レスが最大の特徴のNJ-XS10Jですが、実際に炊飯してもニオイが出る事がなく、キッチンの設置スペースを汚す事がないのが魅力でしょう。
<クリックで拡大>
【人気商品!】MITSUBISHI(三菱) 炭炊釜 蒸気レスIH炊飯ジャー NJ-XS10J-R

難点は蒸気レスにする為タンクに水を毎回入れるのが少々面倒。。タンクやカートリッジといったパーツを炊飯後に洗浄する必要もあり面倒臭がり屋には不向きな感じは否めません。炊飯器の口コミやレビューを確認しても同様の意見が多く購入前に検討すべきポイントです。その分お米の粘りや甘みは従来の炊飯器よりワンランク上との評価もあり、美味しいお米を食べるという主旨から言えばアリの一台かも

最終的に炊飯器を購入するポイントとして炊飯器の価格という面がありますが、通販市場を中心に買い得感はありますね。最近まで69000円程度で販売されていた様子ですが、楽天を中心とするネット通販では既に5万円を切る価格となっています。他のメーカーの炊飯器も同様ですが頭一つ抜けてお得に購入できそうです。通販での最安値ランキングを紹介しておきますのでチェックしてみて下さい。

>>三菱炊飯器NJ-XS10Jの激安ランキングをチェック

タイガー炊飯器JKL-G100の最安値

炊飯器は家電の中でも今熱いジャンルと言えますね。ですから価格の比較や商品のレビューも多いのが特徴です。
人気ランキングやクチコミで売れ筋炊飯器を確認しておくのが吉でしょう。

炊飯器の中でもタイガーは老舗のメーカーで今イチオシのJKL-G100はチェックしておくのが良いと思います。個人的に評価しておきますので参考にして下さい。
タイガー 土鍋IH炊飯ジャー<クリックで拡大>

このタイガー土鍋IH炊飯ジャーJKL-G100は炊飯後直ぐに内釜を取り出してダイニング等に運ぶ使用法を想定した内釜があるのが面白い特徴です。性能的に見てみると、おこげを作れるという触れ込みですが、意外とおこげとならず、土鍋釜が災いしてでしょうか、内釜内に膜のようなものができ易い様子です。液晶表示が綺麗な感じですが、意外と見えずらいと辛口評価がありますね。

しかしながらタイガーの土鍋IH炊飯ジャーJKL-G100の魅力は土鍋釜らしい独特の風味ある炊き上がりは流石と言えます。火加減も4段階で選択できますし、音声ガイドがあるので機能を使いこなし易いのも嬉しいポイントでしょうか?

気になるお炊飯器の値段ですが、大手家電ショップ等で7万円程度していた価格が、通販を中心に激安価格レベルとなってきています。最安値では5万円前後ですので買いのタイミングと言えそうです。高機能炊飯器を狙っている方は是非ともチェックしておくべきでしょう。タイガー炊飯器JKL-G100の最安値一覧をチェックしてみて下さい。


>>タイガー炊飯器JKL-G100の最安値をチェック

パナソニックの大火力銅釜

大火力銅釜とかダイヤモンド銀釜とか最近炊飯器の内釜に注目が集まっていますね。
高級炊飯器のブームが密かに進行中の今日この頃ですが、その要因の一つは様々な素材が内釜に採用されている事があります。

炊飯器のメーカーは数多く存在しますが、そのメーカーで様々な内釜開発がなされています。主な機能としては、熱伝導率を高くして、内釜の中の温度を素早く上昇させ一気に高温状態へ持って行くという事です。
内釜に採用される素材としては、銅や銀といった貴金属が主流です。理由は勿論熱伝導率が鉄等とは比較になりませんから。更には炭やダイヤモンドフッ素加工を加えてIHとの相性が更にアップしています。

中高級モデルの炊飯器の内釜は高い発熱性と断熱性が特徴と言えますが、各社で商品名は違いますし、使用している素材も異なります。

オススメは三洋電機の炊飯器は圧力IHジャー炊飯器 ECJ-XP1000A。究極の内釜「匠純銅釜」で銅を使用しています。異なる5種類の金属を組み合わせることで熱拡散性の高い内釜がウリ。5種類の金属の1つに、熱伝導性の高い純度99.9%の「純銅」を贅沢に使用していて熱効率は一番でしょう。
三洋電機 圧力IHジャー炊飯器 ECJ-XP1000A

炊飯器の内釜に拘りをもつのが最近の炊飯ジャーのトレンドですから当然のオススメです。

三洋電機 圧力IHジャー炊飯器 ECJ-XP1000Aも良いとおもいますが、個人的にはパナソニックのスチームIHジャー炊飯器 SR-SW104を推します。IHの強火を閉じ込める高断熱「大火力銅釜」は発熱性の高い銅とステンレス、アルミの三層構造。更に内釜にはダイヤ粒子でのコーティングと微塵も隙がありません。

そしてパナソニック独自技術である、ふたからの大火力「遠赤ダイヤモンドふた加熱板」というのが惹かれる原因でしょうか?
スチームIHジャー炊飯器 SR-SW104-W

三洋電機の圧力IHジャー炊飯器 ECJ-XP1000AもパナソニックのスチームIHジャー炊飯器 SR-SW104-Wも好みでどちらを購入されても満足できると思いますよ。一応スチームIHジャー炊飯器 SR-SW104の詳細を載せておきますのでチェックしてみて下さい。

>>スチームIHジャー炊飯器 SR-SW104の詳細はコチラ

お奨めグッズ

カテゴリ

カウンター

あいうえお経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。