炊飯器の比較と評価サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炊飯器の比較と評価サイトトップ >炊飯器 >>象印とタイガーの炊飯器はどこが良い?

象印とタイガーの炊飯器はどこが良い?

毎日の食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)において、白いご飯は欠かせない食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)です。そして、ご飯を食べるためには炊飯器(以前はマイコンタイプが一般的でしたが、最近はIHタイプが多いようです)は欠かせないものですので、毎日ちょっとでも美味しいご飯を食べたいと炊飯器(電気によるものが主流ですが、ガスで炊くものもあります)選びにじっくりとなる人も多いと思います。

炊飯器(圧力釜で炊いた方がおいしいという方もいるようです)にはいくつか種類があって、各メーカーによりも何に力を入れているか特色が変わってきます。

まず、炊飯器には、マイコン炊飯器、IH炊飯器、IH圧力炊飯器、ガス炊飯器の4種類があります。マイコン炊飯器(その名の通り、お米を炊いてご飯にするための器具です)は他の炊飯器よりも低価格で、炊飯器の底部分のヒーターによって釜を熱します。IHなどと比較して味は劣ります。

IH炊飯器(圧力釜で炊いた方がおいしいという方もいるようです)は一般的に主流になっているもので、電気で釜を加熱し、全体にむらなく熱が届きます。IH圧力炊飯器(土鍋で炊くのが一番という方も少なくないようです)は、圧力によっては釜に熱が伝わり、米の芯までふっくらと短時間で炊き上がります。しかし、IH炊飯器に比べ値段が割高です。

ガス炊飯器は、電気よりも火力が強く短時間で美味しいご飯が炊きあがります。この中で、一般的に主流になっているIH炊飯器(価格と性能はピンキリで、10万円以上するものから1万円以下のものまであります)の内釜の特徴をを各メーカー別で見ていきます。

三菱の内釜は純度99.9%の木炭を使用した釜で、釜に熱がすぐ伝わり遠赤効果も高く、お米本来の甘味や旨みを引き出してくれます。

日立の内釜はIH発熱に効果がある鉄をベースに作られており、一気に大火力でお米を炊き、高温スチームで温度のムラをなくします。

東芝の内釜は釜をダイヤモンドと銀でコーティングすることによって熱が早く伝わり、真空状態でお米が舞い、芯まで熱が伝わりふっくら仕上がります。

三洋の内釜は熱が伝わりやすい銅板を使用しており、他に比べとても早いスピードで一気にお米に熱が伝わり、加圧と減圧でお米が踊り、一気に炊き上げます。

象印の内釜はまほうびんと同じ構造の真空層がある釜で、熱を逃がしにくく蓄熱性に優れていることでしょうね。また、7段階の圧力で選ぶことができ、好みの圧力でお米を炊くことができます。

タイガーの内釜は本物の土鍋釜を使用し、土鍋の特徴であるじっくり熱を伝えることによって、高い発熱性や蓄熱性に優れています。

以上のように、各メーカーごとで釜に使用する材料も違い、それによって炊き上がりの味も変わってきます。ですので、自分や家族の好みなどを考えてじっくり選びましょう。

お奨めグッズ

カテゴリ

カウンター

あいうえお経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。